わかった!備忘ログ

日々の生活で気づいた色々な「わかった」を記録
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
格安SIM利用率が三十歳代以降では、ほぼ2割に到達、思ったより普及していた

NTTドコモ モバイル社会研究所調べで、30代、40代、50代、70代で2割を超える格安SIM利用率。

60代でも2割弱。

40代以降がぐっと普及したのは、Yモバイルが頑張っている影響もありそうです。

 

20代、10代が利用率が低いのは、保護者の負担しているから、とくに意識なくMNOなのでしょうね。

20代は、社会人になって、30代に近づくと利用率上がっていくのかもしれません。

 

私は、IIJなのですが、混雑時の通信速度などを考えると「Yモバイル」という選択肢も悪くないと思います。

もっとも安く、という選択ではないのですが、混雑する時間帯も比較的安定した速度がでているYモバイルは、よくわからない人にとっては安心して利用できると思っています。

「ブログのお題」が一年くらい更新されていない件

ブログのお題」が一年くらい更新されていません。

jugemは、ブログにはSSL不要として対応していませんし、今後発展は望めないように思います。

細々メンテナンスを行っていくという方針かな、と感じています。

中の人次第ではありますが、SSL化するならリニューアルしようぜ!となれば、まだ見込みがありそうですが、ブログサービスにそこまで予算がつくかという問題があります。

個人的には、ブログは好きなので期待したいですが・・・

Web | 17:21 | comments(0) | - |
LINEのBITMAX、登録してみた

LINEのBITMAX、登録してみた。とりあえずスプレッドが広めなので、使わなそう。ただ一般の人にはハードル下がっていい。あと、スマホでチャートをみるのに使うかも。

https://twitter.com/CA_syotaro/status/1174219001309945857

「iPhone 11」レンズダサい件についておもうこと

Androidユーザーです。

iOSは、iPodtouchだけです。

 

元々ルックスにこだわっていないAndroidユーザーですから、「iPhone 11」のレンズがダサいとしてもスペックに満足なら、私なら買います。いや、カメラはほとんどコードスキャンしか使わないので、買わないですけど、写真重視なら買いだと思います。

 

ところで、今まで「美しいiPhone」だからiPhoneにこだわっていた人はどうするのでしょうか。あれは、あれで美しい、ということにするのでしょうか。それはさすがに宗教の域ではないでしょうか。あれは、ちょっとないよ。

Android版「LINEノベル」がわりと楽しい

Android版「LINEノベル」で毎日小説を楽しんでいます。

「LINEノベル」ですが、いわゆる無料漫画系アプリと似た仕組みです。

商業作品は、毎日少しだけもらえるチケットで読むことができますが、一気読みは課金が必要。

投稿作品は、無制限に読める。

また、毎日少しづつ貰えるチケットは、週間読書時間に応じて追加でもらえるのですが、貰えるチケットは同じ作品では一日3枚までしか使えないので、結局一気読みするには課金が必要です。

 

アプリのレビューで「検索ができない」というのも多いですが、今日(2019/9/11)のアップデートで対応しました。

このあたりは、日々改善していくとは思います。

 

あと、意外に読書家にとって重要な「縦書き表示」ができません。横書き表示のみです。

電子書籍でも、ずっと縦書き表示だったので、横書き表示になれるのに時間がかかりました。今は慣れました。慣れってすごいですね。

 

好感がもてたのは「文芸」と「ラノベ」という設定です。

個人的には、どっちも好きなので、分ける必要はないのですが、投稿小説サイトだと「文芸より」の作品がうもれがちですが、設定を「文芸」にすることで目立つようになります。

幅広い年齢層を狙うなら、この設定は重要だと思いました。ただ、そうなると縦書き表示はあった方がいいですけど、慣れてしまったので、どこまで必要性があるか悩む。

ちなみに「文芸」と「ラノベ」の設定は、マイページで簡単に切り替えられるので、気軽に選んでいいです。

切り替え後、うまく表示されなかったら、タスクを終了(マルチタスクボタンからアプリを終了)してから、再度アプリを開くといいかもしれません。

 

追加チケット目的で読書時間を稼ぐために、投稿作品を読む、という流れで投稿作品に目がむけば、そこから人気作品もでてくると思います。

最近多い「異世界転移・転生系」以外の人気作品がLINEノベルからでてくることを期待しています!!

夏休み明けで「逃げてもいいよ」というメッセージをよく見かけるが、逃げるは「戦う」に内包されていると思う

夏休みが終わり子供たちにとって、とてもストレスのかかる時期ということなのか、「逃げてもいいよ」というメッセージをあちこちでみかけました。

ここで思ったのは「逃げる」は、「戦わずして逃げる」ではないということです。

「戦い」の中に「攻撃」と「逃げる」は存在しているのです。

病院で処方される湿布やビタミン剤、皮膚保湿剤などが保険適用外になるかも?

ちょっと前に花粉症の薬が健康保険適用外になるかもしれないというのがありましたが、湿布やビタミン剤、皮膚保湿剤などが健康保険適用外になることは規定路線なのしょうか。

全力で削減する気満々でしたから、やはり大方の予想通り一般的な薬は全面的に健康保険適用外になるのかもしれませんね。

 

韓国がいう「国家的自尊心とは」なにか

韓国大統領府は日本との軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄を決めた理由の1つとして、「国家的な自尊心」を傷つけられたため、といっています。

 

では、「国家的自尊心とは」なにか。

 

自尊心とは、Wikipediaでは 社会心理学における自己の概念に関して、育み維持される自己評価や、あるいは「ありのままの自己を尊重し受け入れる」態度 としています。

 

これを国家に当てはめる・・・というのが、まず難しいですね。

 

では、なぜ傷つけたか。

 

 

大統領が、祝辞で「対話の手を差し伸べた」が無視したから。だそうで。

だから、GSOMIAを破棄するって無理すぎませんか。

 

結局、半島連合または半島統合という最終目的地があって、そこへ向かってしまったのは日本や米国の態度のせい、というシナリオに向けて進んでいるだけのように見えます。

 

つまり「国家的自尊心とは」まぼろし〜でしかありません。こちらからは異常、いや以上です。

XRP急落、要因はテザー?(2019年8月29日)

直近の急落は、テザーの急落がトリガーになっているようにみえます。

電子マネーはWAONをメインにLINEペインがサブ、さらにそのサブが楽天ペイとなりました

キャッシュレスに関しては色々試していて、nanaco、 WAON、ペイペイ、LINE Pay、楽天ペイ、さらにそこにSuicaもプラスしようと考えていました。
ですが、今はWAONメイン、サブにLINEペイ、さらにそのサブが楽天ペイという体制で利用しています。
まず、WAONメインについてですが、セブンイレブン以外の大手コンビニで利用できるようになったのが大きな理由です。
また休日にイオン系のモールに行くことも多く、さらにイオン銀行のATMが系列スーパーにあるので、チャージが大変楽に感じるようになりました。
そもそもオートチャージやクレジットカードチャージを使えばいいのにという意見もあると思うのですが、電子マネーお財布と考えた場合に紛失した場合のリスク管理も重要になるかと思います。
その場合、やはりチャージ型の電子マネーがベストだと思いました。またサブとして使っているものはスマートフォンで使うため、セキュリティを端末で設定すれば比較的安全かと思います。
 
色々試しましたが、キャッシュバック等がなければ非接触型の電子マネーが何かと便利だなという結論に達した訳です。
 
【追記】
楽天ペイについては、極力使わないという位置にあります。
スマホを機種変したら、インストールしないかもしれません。
ただし、来年には、楽天ペイからモバイルSuicaにチャージできるようになるので、Suicaをメインにしているなら、一考の価値はあります。
 
【追記】
楽天ペイなんですが、セブンイレブンに対応したことでLINEペイと同格という扱いになりました。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.